事業部

(1)研究会等での情報集約・発信

研究内容の充実・発展のために、外部の研究会等に積極的に参加しました。

  • 6月22日〜23日 日本カリキュラム学会 第30回大会(京都大学)
    • 自由研究発表部門(分科会)において、(1)新学習指導要領に対応した評価について (2)道徳学習の実存的論証研究について (3)新道徳教育カリキュラムについて等の報告を聴講
  • 8月7日〜8日 日本教育学会 第78回大会(学習院大学)
    • 自由研究発表の中で、(1)学校業務の委託を考える (2)教員の働き方 (3)持続可能な社会と教育(公開シンポジウム) (4)教員の働き方と専門性の報告を聴講。
  • 8月18日 教育文化総合研究所 第4回研究交流集会(東京都)
    • 基調テーマ「民意ってなんだ」
    • 分科会A「民意を考える」に参加し、他国の民意の表し方等を交えながら、日本の民意はどうなっているのか、どう表明したらいいのかを議論。
  • 8月26日 シティズンシップ教育研究大会(大阪国際大学)
    • 小中学校におけるシティズンシップ教育の分散会にて、研究所所報156を使って、シティズンシップ教育研究委員会の研究内容等について報告。
    • 高等学校、小中学校におけるシティズンシップ教育の実践報告があった。
  • 12月15日 日本シティズンシップ教育学会 設立総会(青山学院大学)
    • 設立趣旨等の説明
    • 大学教員から、シティズンシップ教育の必要性や今後の実践への示唆等があった。

(2)情報の発信・蓄積

  • 研究部各委員会のとりくみを随時ホームページに掲載しました。
  • 研究の成果をまとめた所報やレポートを発行しました。
  • 研究所にある図書・資料等の整理と、組合員のニーズに合った書籍・DVDなどの購入や貸し出しをすすめました。
  • 貸し出し検索できる資料情報を増やし、ホームページの充実を図りました。

(3)還流学習会

教育研究所の研究・調査が学校現場で活かされるように、直接組合員に経過や成果を伝えることのできる貴重な場として全単組・支部で開催するように努めました。各部・委員会の所員が、発行した所報やレポートを使って研究内容について組合員に報告しています。

2019年度分(2020年2月〜6月実施)
単組・支部 開催日 単組・支部 開催日 単組・支部 開催日
静清 5/28(木) 東豆 2/13(木) 志太 2/28(金)延期
5/29(金) 三島 2/6(木) 榛原 3/3(火)延期
浜松 4/21(火)延期 沼津 2/19(水) 小笠 2/18(火)
賀茂 2/17(月) 駿東 2/20(木) 磐周 2/6(木)
田方 6月 富士 2/6(木) 湖西 2/18(火)
| 事業部トップ |